お盆(おぼん)

お盆(おぼん)

画像
旧暦7月15日を中心に日本で行なわれる祖先の霊を祀る一連の行事。
現在は月遅れにあたる8月15日が一般的。
一般に仏教の行事と認識されているが、仏教の教義で説明できない部分も多い。
古神道における先祖供養の儀式や神事を江戸幕府が庶民に強いた檀家制度により仏教式で行う事も強制し、仏教行事の「盂蘭盆」(うらぼん・※1が習合して現在の形が出来たとされる。

※1…父母や祖霊を供養し、倒懸(とうけん)の苦を救うという行事。これは『盂蘭盆経 』『報恩奉盆経 』などに説かれる釈迦の内弟子の一人、目連尊者の餓鬼道に堕ちた亡母への供養の伝説による。


【歴史】
盆の明確な起源は分かっていないが、1年に2度、初春と初秋の満月の日に祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流する行事があったが、初春のものが祖霊の年神として神格を強調されて正月の祭となり、初秋のものが盂蘭盆と習合して、仏教の行事として行なわれるようになったといわれている。
日本では8世紀ごろには、夏に祖先供養を行うという風習が確立されたと考えられている。
地方や、佛教の宗派により行事の形態は異なる。

また、お盆時期の地蔵菩薩の法会は「地蔵盆」と呼ばれ、大日如来のお盆は大日盆といわれる。


【概要】
8月12日の夕刻または13日の朝に盆棚を作りお供えをする。
13日の夕刻、仏壇や盆棚の前に盆提灯を灯し、庭先や玄関先で迎え日として麻幹(おがら)をたく。
15日か16日の夕刻、精霊送りの送り火をして麻幹をたく。


京都の大文字焼はこの送り火の名残であるとされる。
地域によっては送り火ではなく、九州北部の「精霊流し」のような行事が行われる。

地方によっては、お盆の期間中には、故人の霊魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物として、「精霊馬」(しょうりょううま)と呼ばれるきゅうりやナスで作る動物を用意することがある。


●盆踊り
15日の盆の翌日、16日の晩に、寺社の境内に老若男女が集まって踊るのを盆踊りという。
これは地獄での受苦を免れた亡者たちが、喜んで踊る状態を模したといわれる。
夏祭りのクライマックスである。
旧暦7月15日は十五夜、翌16日は十六夜(いざよい)すなわち、どちらかの日に月は望(望月=満月)になる。
したがって、晴れていれば16日の晩は月明かりで明るく、夜どおし踊ることができた。


●精霊馬(しょうりょううま)
4本の麻幹あるいはマッチ棒、折った割り箸などを足に見立てて差し込み、馬、牛として仏壇まわりや精霊棚に供物とともに配する。
きゅうりは足の速い馬に見立てられ、あの世から早く家に戻ってくるように、また、ナスは歩みの遅い牛に見立てられ、この世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるように、また、供物を牛に乗せてあの世へ持ち帰ってもらうとの願いがそれぞれ込められている。


●お中元
江戸時代に入ると「盆礼」といって親族や知人の家を訪ねて進物の贈答をすることが行われ、関西では「素麺」関東では「麦粉や米」などを持参した。
その盆礼を中元ともいい、今日の「お中元」に繋がっている。



出典:Wikipedia「お盆」(履歴)、「盂蘭盆」(履歴

素材サイト様:無料イラスト/素材のデザインバンク

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ アウトレット

    Excerpt: お盆(おぼん) 趣味の神社・仏閣ブログ/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ アウトレット racked: 2013-07-03 17:25