豊川稲荷(とよかわいなり)【愛知】

豊川稲荷(とよかわいなり) 正式名/円福山 豊川閣 妙厳寺 創建/嘉吉元年(1441年) 山号/円福山(えんぷくざん) 宗派/曹洞宗 本尊/千手観音 【本尊】 千手観音(せんじゅかんのん) 仏教における信仰対象である菩薩の一尊。 六観音の一尊でもある。 千本の手は、どのような衆生をも漏らさず救…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常葉神社(ときわじんじゃ)【岐阜】

常葉神社(ときわじんじゃ) 創建/1852年(嘉永5年) 社格等/県社 主祭神/戸田一西、戸田氏鉄 【祭神】 戸田一西(とだかずあき) 徳川氏の家臣。近江大津藩主、同膳所藩初代藩主。大垣藩戸田家初代。多米戸田氏の戸田氏光の長男。 一西は三河国吉田(現在の愛知県豊橋市)生まれ。 永禄年間、三河国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎮国守国神社(ちんこくしゅこくじんじゃ)【三重】

鎮国守国神社(ちんこくしゅこくじんじゃ) 創建/天明4年(1784年) 社格等/旧県社 主祭神/鎮国大明神、守国大明神 ご利益/家内安全、無病息災等 【祭神】 鎮国大明神(ちんこくだいみょうじん)(松平越中守定綱公(まつだいらえっちゅうのかみさだつなこう)) 江戸時代の大名。官名は従四位下、越中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菟足神社(うたりじんじゃ)【愛知】

菟足神社(うたりじんじゃ) 創建/(伝)白鳳15年(686年) 社格等/式内社、旧県社 主祭神/菟上足尼命 【祭神】 菟上足尼命(うなかみすくねのみこと) 孝元天皇の末裔、葛城襲津彦命(かつらぎそつひこのみこと・※)の玄孫にあたり、雄略天皇の治世に穂の国(現在の東三河)国造に任ぜられた。 没後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大晦日(おおみそか)

大晦日(おおみそか) 1年の最後の日。 天保暦(旧暦)など日本の太陰太陽暦では12月30日、または12月29日である。 現在のグレゴリオ暦(新暦)では12月31日。 日本では、年神(としがみ(歳神)・※1)を迎えることにちなむ行事が行われる。 ※1…日本神話では、スサノオと神大市比売(かむおおいちひめ)の間に生まれた大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無量寺(西浦不動)(むりょうじ(にしうらふどう))【愛知】

無量寺(西浦不動)(むりょうじ(にしうらふどう)) 正式名/西浦山 無量寺 創建年/951年(天暦五年) 山号 /西浦山 宗派 /真言宗醍醐派 本尊 /不動明王(秘仏) ご利益/ガン予防祈願・転移再発防止・癌病平癒・厄除け・ガン封じ守・足腰の健康守 【本尊】 不動明王 (ふどうみょうおう) 密教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛知縣護國神社(あいちけんごこくじんじゃ)【愛知】

愛知縣護國神社(あいちけんごこくじんじゃ) 創建/明治2年(1869年) 社格等/内務大臣指定護国神社、別表神社 本殿の様式/神明造 主祭神/護国の英霊 御霊験/国家繁栄、家内安全、学業成就、交通安全 【祭神】 護國の神霊(愛知県ゆかりの御英霊) 【由来】 明治元年(1868年)、尾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貴船神社(きふねじんじゃ)【京都】

貴船神社(きふねじんじゃ) 創建/不詳(伝406~410年) 社格等/式内社(名神大)、旧官幣中社、別表神社 本殿の様式/三間社流造檜皮葺 主祭神/高龗神 ご利益/運気隆昌、縁結び、諸願成就 【祭神】 ●本宮 高龗神 (たかおかみのかみ) 罔象女神(みつはのめのかみ)とともに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛騨国分寺(ひだこくぶんじ)【岐阜】

飛騨国分寺(ひだこくぶんじ) 正式名/醫王山飛騨国分寺 創建/746年(天平18年)頃 山号/醫王山 宗派/高野山真言宗 本尊/薬師如来坐像 【本尊】 薬師如来(やくしにょらい) 大乗仏教における如来の一尊。 薬師本願功徳経では、薬師如来は東方浄瑠璃世界の教主で、菩薩の時に12の大願を発し、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日枝神社(ひえじんじゃ)【岐阜】

日枝神社(ひえじんじゃ) 創建/1141年(永治元年) 社格等/県社 本殿の様式/流造 主祭神/大山咋神 ご利益/山林守護、飛騨国守護、家内安全、殖産振興、酒造 【祭神】 大山咋神(おおやまくいのかみ) 大年神(おおとしのかみ)と天知迦流美豆比売(あめのちかるみずひめ)の間の子である。 名前の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆(おぼん)

お盆(おぼん) 旧暦7月15日を中心に日本で行なわれる祖先の霊を祀る一連の行事。 現在は月遅れにあたる8月15日が一般的。 一般に仏教の行事と認識されているが、仏教の教義で説明できない部分も多い。 古神道における先祖供養の儀式や神事を江戸幕府が庶民に強いた檀家制度により仏教式で行う事も強制し、仏教行事の「盂蘭盆」(うらぼ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ)【愛知】

尾張大国霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ) 創建/宝亀2年(771年) 社格等/式内社(小社)・尾張国総社・国幣小社・別表神社 本殿の様式/流造 主祭神/尾張大国霊神 ご利益/尾張地方の総鎮守、農商業守護、厄除 【祭神】 尾張大国霊神(おおくにみたまのかみ) 尾張人の祖先が当地を開拓する中で、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松本神社(まつもとじんじゃ)【長野】

松本神社(まつもとじんじゃ) 創建/寛永13年(1636年) 主祭神/松平康長、松平永兼、一色義遠、戸田宗光、松姫、島立貞永 ご利益/縁結び、郷土発展 【祭神】 松平康長(まつだいらやすなが) 徳川氏の家臣。 戸田宗家16代当主。 松平氏の姓を賜り、戸田松平家の祖となる。 松本神社の祭神の一柱と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御首神社(みくびじんじゃ)【岐阜】

御首神社(みくびじんじゃ) 創建/不明 社格等/村社 主祭神/平将門公の御神霊 ご利益/首上の病気平癒、健康、学業成就など 【祭神】 平将門(たいらのまさかど) 平氏の姓を授けられた高望王(たかもちおう)の三男平良将(たいらのよしまさ)の子。 桓武天皇(かんむてんのう)5世。 下総国、常陸国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八劔神社(やつるぎじんじゃ)【愛知】

八劔神社(やつるぎじんじゃ) 創建/伝・寛治3年(1089年) 社格等/郷社 主祭神/日本武尊命 ご利益/開運厄除、交通安全など 【祭神】 日本武尊命(やまとたけるのみこと) 諱は小碓命(おうすのみこと)。 第12代景行天皇(けいこうてんのう)の皇子・第14代仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)の父とさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賀多神社(かたじんじゃ)【三重】

賀多神社(かたじんじゃ) 創建/伝・神亀元年(724年) 社格等/郷社 本殿の様式/神明造 主祭神/天之忍穂耳命 ご利益/家門の繁栄、商売繁盛、入学、就職、結婚、病気平癒など 【祭神】 正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかあかつかちはやびあめのおしほちみのみこと) 『古事記』では、アマテラスとス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸(ひがん)

彼岸(ひがん) 「彼岸会(ひがんえ)」は、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間のこと。 また、この期間に行われる仏事のこと。 ぼた餅やおはぎ、お団子や海苔巻き、いなり寿司などを仏壇に供える。 【歴史】 彼岸会法要は日本独自のものであり、現在では彼岸の仏事は浄土思想に結びつけて説明される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱田神宮(あつたじんぐう)【愛知】

熱田神宮(あつたじんぐう) 創建/113年(景行天皇43年) 社格等/式内社(名神大)、官幣大社、勅祭社、別表神社 本殿の様式/神明造 主祭神/熱田大神(天叢雲剣) ご利益/国家安泰、家門隆盛、開運、必勝祈願など 【祭神】 熱田大神(あつたのおおかみ) 熱田大神(あつたのおおかみ)とは草薙剣(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諏訪大社(すわたいしゃ)【長野】

諏訪大社(すわたいしゃ) 創建/不明、有史以前 社格等/名神大社・一宮・正一位・官幣大社・別表神社 主祭神/建御名方神、八坂刀売神 ご利益/五穀豊穣・海上安全・必勝祈願など 【祭神】 ●上社 建御名方神(たけみなかたのかみ) 『古事記』の葦原中国平定(国譲り)の段において、大国主神(おおくにぬ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十五夜(じゅうごや)

十五夜(じゅうごや) 旧暦8月15日に月を鑑賞すること。 新暦では1ヵ月程度のズレが生じるため、9月7日から10月8日の間に訪れる満月の日を指す。 中秋の名月とも呼ぶ。 月が見える場所などに、薄(すすき)を飾って月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、御酒を供えて月を眺める。 【歴史】 中国や日本では、単に月を愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more