十五夜(じゅうごや)

十五夜(じゅうごや)
画像
旧暦8月15日に月を鑑賞すること。
新暦では1ヵ月程度のズレが生じるため、9月7日から10月8日の間に訪れる満月の日を指す。
中秋の名月とも呼ぶ。

月が見える場所などに、薄(すすき)を飾って月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、御酒を供えて月を眺める。


【歴史】
中国や日本では、単に月を愛でる慣習であれば古くからあり、日本では縄文時代頃からあると言われる。
中国から仲秋の十五夜に月見の祭事が伝わると、平安時代頃から貴族などの間で観月の宴や、舟遊び(直接月を見るのではなく船などに乗り、水面に揺れる月を楽しむ)で歌を詠み、宴を催した。
また、平安貴族らは月を直接見ることをせず、杯や池にそれを映して楽しんだという。
その後、武士や町民にひろがり現代の月見のスタイルになった。


【概要】
旧暦では8月は秋のちょうど真中であり、8月15日の夜に出る満月ということで十五夜と呼ばれるようになった。
旧暦8月(グレゴリオ暦(新暦)では9月頃)は、北半球では太陽と月の角度が観月に最も良い時節(明るい)である。

日本では月が見える場所などに、薄(すすき)を飾って月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、御酒を供えて月を眺めた(お月見料理)。
仏教の寺院では豊作を祈る満月法会を催すところもある。


十五夜に関する神社、仏閣
・観月の夕べ@大覚寺 - 京都市(十五夜前後)
・観月会@満願寺 - 島根県松江市(十五夜前後三日間)
・観月華燈会@法華寺 - 奈良市(10月)
・明月祭@北野天満宮 - 京都市(十五夜)
・秋の夜の観月茶会@高台寺 - 京都市(十五夜前後、金土日曜日)
・十五夜大祭@猿賀神社 - 青森県平川市(十五夜前後)
・十五夜の竹あそび@御前神社 - 青森県八戸市(十五夜)



出典:Wikipedia「月見」履歴

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック