諏訪神社(すわじんじゃ)(四日市市)【三重】

諏訪神社(すわじんじゃ)(四日市諏訪神社)

創建/1202年
社格等/県社
本殿の様式/流造
主祭神/建御名方神、八重事代主命
ご利益/商売繁盛、家内安全、開運、厄除け


画像

画像



【祭神】
建御名方神(たけみなかたのかみ)
『古事記』の葦原中国平定の段において、大国主(おおくにぬし)の子として登場する。
大国主と沼河比売(ぬなかわひめ)の間の子であるという伝承が各地に残る。
妻は八坂刀売神(やさかとめのかみ)とされている。
諏訪大社(長野県諏訪市)ほか全国の諏訪神社に祀られている。
『諏訪大明神絵詞』などに残された伝承では、建御名方神は諏訪地方の外から来訪した神であり、土着の洩矢神(もりやしん)を降して諏訪の祭神になったとされている。
『梁塵秘抄』に「関より東の軍神、鹿島、香取、諏訪の宮」とあるように軍神として知られ、また農耕神、狩猟神として信仰されている。

八重事代主命(やえことしろぬしのみこと)
大国主カムヤタテヒメとの間に生まれた。
名前の「コトシロ」は「言知る」の意で、託宣(しんたく・※1)を司る神である。
大国主の子とされているが、元々は出雲ではなく大和の神とされ、国譲り神話の中で出雲の神とされるようになったとされる。
元々は葛城の田の神で、一言主(ひとことぬし)の神格の一部を引き継ぎ、託宣の神の格も持つようになった。
このため、葛城王朝において事代主は重要な地位を占めており、現在でも宮中の御巫八神(みかんなぎはっしん・※2)の一つになっている。
託宣神のほか、国譲り神話において釣りをしていたことから釣り好きとされ、海と関係の深いえびすと同一視され、海の神、商業の神としても信仰されている。
七福神の中のえびすが大鯛を小脇に抱え釣竿を持っているのは、国譲り神話におけるエピソードによるものである。

※1…神懸かりになったシャーマンの口から発せられる言葉。
※2…天皇家の守護神。宮中において祀られてきた玉体(天皇大護身)を守護する神。


【由来】
社伝では建仁2年(1202年)に、諏訪大社上下二社を勧請して創建したと伝えられる。
考証からは、創建は室町時代の1470年頃とするのが有力である。


【歴史】
古くは「正一位諏訪大明神」と称していた。
東海道に面していたことから、道中の旅人も多く参詣し、「伊勢参宮名所図会」「東海道名所図会」にも街道の名所として紹介されるようになる。
明治6年(1873)3月には、新しい社格制度によって県社(三重県)となり、現在の名称である「諏訪神社」となる。
昭和20年(1945)6月の四日市空襲で焼失したが昭和26年(1951)再建された。


【特徴】
四日市の産土神。別名、四日市諏訪神社。
地域の人々から「おすわさん」と呼ばれ古くから商業・漁業の神として崇敬されてきた。
境内は1,180坪に及び、摂社のほか、四日市市の公園、交流館、駐車場などに整備されている。
四日市祭で知られる。


【境内外社】
・政成稲荷大明神
地元の人々から「まさなりさま」と呼ばれる。生川吉左衛門氏が嘉永6年(1853)6月に伏見稲荷神社の霊璽(れいじ・※3)を受けて屋敷神として祀っていたものを、万延元年(1860)2月12日に「正一位政成大明神」として当社境内に移遷したとされている。

※3…神や死者の霊の代わりとして祭るもの。

祭神
倉稲魂命(うかのみたま)
大宮能売命(おおみやのめ)
猿田彦命(さるたひこ)

画像


・山津見神社
明治41年(1908年)、四日市市内に43社あった山の神などを合祀した社。合祀したほとんどが山祇の神だったことから社号が山津見神社となった。「山の神さん」と親しまれている。
祭神
大山祇命(おおやまつみ)
天照大神(あまてらすおおみかみ)
素盞鳴命(すさのお)
大物主命(おおものぬし)
応神天皇(おうじんてんのう)
倉稲魂命(うかのみたま)
大宮能売命(おおみやのめ)
猿田彦命(さるたひこ)
大市比売命(おおいちひめ)
加具都知命(かぐつち)
国常立尊(くにのとこたち)

画像


・菅原神社(諏訪天神)
寛永5年(1628年)創建と伝えられる。本殿は四日市空襲で焼失し、現在は小さな祠が再建されている。
祭神
菅原道真公(すがわらのみちざね)
画像




レポ:
おちついた雰囲気の綺麗な神社です。
拝殿の中も見えましたが大切に管理されていることが伺えました。
境内入り口の鳥居は銅版の緑が美しい。
近鉄四日市駅は当社のすぐ近くに作られており、門前町は商店街になっています。
かなり広い商店街ですがシャッターが閉まっている店が多く少し寂れた雰囲気…。
しかし神社敷地内の公園ではカップルや子供が遊んでいる姿が見られました。
ホームページは境内案内などとても詳しく解説されているのでご覧になられることをおすすめします!



三重県四日市市諏訪栄町22-38
0593-52-2422
諏訪神社公式ホームページ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 獅子舞神楽で厄よけ 加富神社「みくわ行事」

    Excerpt: 加富神社の氏子総代らは9日、約250年続く祈念祭「みくわ行事」を開き、獅子舞神楽を奉納して五穀豊穣と厄よけ、家内安全を願った。 Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2014-03-15 09:21