雛祭り(ひなまつり)

雛祭り(ひなまつり)【上巳の節句(じょうしのせっく)】
画像
女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事。
ひいなあそびともいう。
和暦(太陰太陽暦)の3月の節句(上巳)である3月3日(現在の4月頃)に行われていたが、明治6年(1873年)1月1日の改暦以後は一般的にグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行なう。

「男雛」と「女雛」を中心とする人形を飾り、桃の花を飾って、白酒などの飲食を楽しむ節句祭り。
本来「内裏雛」とは雛人形の「男雛」と「女雛」の一対を指す。



【歴史】
「雛祭り」はいつ頃から始まったのか歴史的には判然としないが、その起源はいくつか存在する。
平安時代の京都で既に平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として行われていた記録が現存している。
その当時においても、やはり小さな御所風の御殿「屋形」をしつらえ飾ったものと考えられる。
初めは「遊びごと」であり、儀式的なものではなく其処に雛あそびの名称の由来があった。
しかし平安時代には川へ紙で作った人形を流す「流し雛」があり、「上巳の節句(穢れ払い)」として雛人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様になった。

江戸時代になり女子の「人形遊び」と節物の「節句の儀式」と結びつき、全国に広まり、飾られるようになった。
この遊びである「雛あそび」が節句としての「雛祭り」へと変わったのは天正年間以降のことであり、この時代から三月の節句の祓に雛祭りを行うようになったと推測されている。
もっとも、この時代には飾り物としての古の形式と、一生の災厄をこの人形に身代りさせるという祭礼的意味合いが強くなり、武家子女など身分の高い女性の嫁入り道具の家財のひとつに数えられるようにもなった。
その為、自然と華美になり、より贅沢なものへ流れた。
江戸末期から明治にかけて雛飾りは2人だけの内裏人形から、嫁入り道具や台所の再現、内裏人形につき従う従者人形たちや小道具、御殿や檀飾りなど急速にセットが増え、スケールも大きくなっていった。


●雛人形について
親王(男雛、女雛)はそれぞれ天皇、皇后をあらわす。
官女(三人官女)は宮中に仕える女官をあらわす、内1人のみお歯黒、眉無し。(既婚者を意味するが、生涯独身の女官の場合には年長者という意味であろう)
五人囃子は能のお囃子を奏でる5人の楽人をあらわし、それぞれ「太鼓」「大鼓」「小鼓」「笛」「謡」である。(能囃子の代わりに5人、又は7人の雅楽の楽人の場合もある)
随身(ずいじん)の人形は随臣右大臣と左大臣と同時に衛士(えじ)でもある。
仕丁は従者をあらわし、通常3人1組である。
男雛を右(向かって左)に配置する家庭が多くそれが一般的になっており、結婚式の新郎新婦もそれに倣っている。



雛祭りに関する神社
・3月3日:ひいな祭り@市比売神社 - 京都市下京区
・3月3日:ひな流し@淡嶋神社 - 和歌山市
・3月3日:神社流し雛@下鴨神社 - 京都府京都市
・3月3日:流し雛@佐嘉神社 - 佐賀県佐賀市
・4月3日:生きびな@水無神社 - 岐阜県高山市



出典:Wikipedia「雛祭り」履歴

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック