大晦日(おおみそか)

大晦日(おおみそか

1年の最後の日。
天保暦(旧暦)など日本の太陰太陽暦では12月30日、または12月29日である。
現在のグレゴリオ暦(新暦)では12月31日
日本では、年神(としがみ(歳神)・※1を迎えることにちなむ行事が行われる。

※1…日本神話では、スサノオと神大市比売(かむおおいちひめ)の間に生まれた大年神(おおとしのかみ)としている。両神の間の子にはほかに宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)がおり、これも穀物神である。



【歴史】
日本における大晦日という慣習は、日本文化に古くからある歳神様(としがみさま)、または歳徳様(としとくさま)への信仰に基づく儀礼から生じており、これらは歳徳神などとも呼ばれるその年一年間を司る神様である。
年の初めから来られるため、正月様(しょうがつさま)とも呼ばれ、各年によって来られる方向が異なり、その方角は「恵方」と呼ばれる。
この神様は神社のような宗教施設ではなく各家々に訪れると昔から信じられていたため、神様をお迎えし食事を共にしたりするために大晦日から年籠り(としごもり)をして元旦も家で過ごすことが一般的であった。
仏教の浸透とともに、除夜(じょや・※2の鐘をつく習慣が生まれた。

※2…年越しの夜のこと



【概要】
晦日(みそか)即ち三十日(みそか)とはその月の最後の日のことで、それに「大」がついて12月31日のことを大晦日という。
1年の間に受けた罪や穢れを祓うために、大祓いが宮中や全国の神社で執り行われる。
大晦日には、様々な年越しの行事が行われる。


●年越し蕎麦
江戸時代には定着した日本の風習であり、蕎麦は他の麺類よりも切れやすいことから「今年一年の災厄を断ち切る」という意味で、大晦日の晩の年越し前に食べる。


●除夜の鐘
大晦日の深夜0時を挟む時間帯に、寺院の梵鐘を撞(つ)くことである。
除夜の鐘は108回撞かれる。


●二年参り
初詣(はつもうで)の形式の一つである。
大晦日の深夜零時を境に前後にお参りすることから、2年にまたがってするため、この名がある。
お参りは氏神様にするのが基本だが、現住所の近場の神社ですませたり、有名な大きい神社へ参拝に行く場合も有る。
そのため、公共交通は大晦日に限り深夜も休まず運行される慣習がある。


●雑煮
正月に多く食べられる、餅を主とし具材をあしらった汁料理である。
地域や家庭によって違いがある。
古来においては一日は夕方から始まるとする風習があり、元旦は大晦日の夕方から始まると考えられていた。
大晦日の夕方に神仏に供えた餅や飯を日の出後に降ろして、具材を加えて煮た物が雑煮のルーツとされている。



大晦日に関する神社、仏閣
・除夜の鐘@知恩院 - 京都府京都市
・除夜祭@八坂神社 - 京都府京都市
・除夜の鐘@清水寺 - 京都府京都市
・除夜の鐘@興福寺 - 奈良県奈良市
・除夜の鐘@寛永寺 - 東京都台東区
・初鐘@東別院 - 愛知県名古屋市
・除夜の鐘@三井寺 - 滋賀県大津市
・除夜の鐘@東大寺 - 奈良県奈良市
・除夜祭@護王神社 - 京都府京都市
・除夜祭@宝登山神社 - 埼玉県秩父郡
・大祓式・除夜祭@大國魂神社 - 東京都府中市
・除夜の鐘@高台寺 - 京都府京都市




出典:Wikipedia「大晦日」(履歴

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック