無量寺(西浦不動)(むりょうじ(にしうらふどう))【愛知】

無量寺(西浦不動)(むりょうじ(にしうらふどう))

正式名/西浦山 無量寺
創建年/951年(天暦五年)
山号 /西浦山
宗派 /真言宗醍醐派
本尊 /不動明王(秘仏)
ご利益/ガン予防祈願・転移再発防止・癌病平癒・厄除け・ガン封じ守・足腰の健康守


画像




【本尊】
不動明王 (ふどうみょうおう)
密教特有の尊格である明王の一尊。
また、五大明王の中心となる明王でもある。
密教の根本尊である大日如来の化身、あるいはその内証(内心の決意)を表現したものであると見なされている。
「お不動さん」の名で親しまれ、大日大聖不動明王(だいにちだいしょうふどうみょうおう)、無動明王、無動尊、不動尊などとも呼ばれる。
アジアの仏教圏の中でも特に日本において根強い信仰を得ており、造像例も多い。
真言宗では大日如来の脇待として、天台宗では在家の本尊として置かれる事もある。



【特徴】
愛知県蒲郡市にある真言宗醍醐派の寺院。
東海三十六不動尊霊場の一つ。
別称は「西浦不動」。
「ガン封じの寺」として知られ、ガン予防の法話や祈祷などが行なわれている。
本堂の奥に、中国の石窟寺院をモデルにした「千仏洞めぐり」がある。
境内の大楠は蒲郡市指定天然記念物に指定されている。



【諸堂他】
・大雁塔
玄奘三蔵ゆかりの中国西安の大雁塔を三分の一に復元(高さ20m)。

・千佛洞めぐり
中国の敦煌・洛陽や蘭洲の石窟寺院をモデルにした千佛洞めぐり。
ほの暗い通路の壁面に千体の石仏を配置し、洞窟の奥にはガンダーラの仏や大きな大日如来座像が安置されている。

・大黒恵恵比寿天堂

・がん封じ堂

・地蔵堂

・身代わり不動の滝
画像




■レポ
蒲郡西浦温泉に行った際に参拝してきました。
駐車場に到着するとまず大雁塔が目に入り普通のお寺にはない雰囲気を味わうことができます。
境内はガン封じ絵馬がびっしりと奉納されており癌を心配する人の多さを実感します。
絵馬をチラ見していたらなんとなく重い気分になってしましました…。
お寺自体は平日の昼間でも他の参拝者のかたも10人ほどいましたし、小さいですがお菓子や野菜なんかが売っている参拝者用のお店もあり明るい雰囲気でした。
せっかくなので千佛洞も入ってみたんですが、想像よりずっと広くてビックリ。
けっこう暗くて正直ちょっと怖かったのですが、不思議な雰囲気を味わうことができました。
参拝されるかたは是非入ってみてください。



愛知県蒲郡市西浦町日中30
0533-57-3865
駐車場あり
出典:Wikipedia「無量寺 (蒲郡市)」(履歴)、蒲郡市観光協会公式ホームページ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック