愛知縣護國神社(あいちけんごこくじんじゃ)【愛知】

愛知縣護國神社(あいちけんごこくじんじゃ)

創建/明治2年(1869年)
社格等/内務大臣指定護国神社、別表神社
本殿の様式/神明造
主祭神/護国の英霊
御霊験/国家繁栄、家内安全、学業成就、交通安全


画像


画像



【祭神】
護國の神霊(愛知県ゆかりの御英霊)


【由来】
明治元年(1868年)、尾張藩主徳川慶勝(とくがわよしかつ)が、戊辰戦争で戦死した藩士ら25人の霊を、現在の名古屋市昭和区川名山に祀り、翌明治2年5月、「旌忠社」として祠を建てたのに始まる。


【歴史】
嘉永6年以降、大東亜戦争に至るまでの愛知県ゆかりの御英霊九万三千余柱を、護國の大神として祀る。
明治34年(1901年)には官祭招魂社となった。
大正7年(1918年)、城北練兵場(現在の名城公園内)に、更に昭和10年(1935年)には現在地に遷座、昭和14年に愛知縣護國神社に改称した。
第二次世界大戦後「愛知神社」に改称していたが、昭和30年に元の社名に復した。
昭和10年遷座時の社殿は、昭和20年3月19日の空襲で一切を焼失した。
昭和33年に本殿・拝殿等、昭和57年に社務所、平成10年に神門・舞殿・廻廊が再建された。


【特徴】
愛知県の内務大臣指定護国神社で、戊辰戦争から第二次世界大戦までの愛知県関係の戦没者9万3千余柱を祀る。
境内には数多くの慰霊碑がたつ。
4月上旬の桜まつりでは境内を一般開放して夜桜の照明を午後9時まで点灯し、連日観桜の参拝者で賑わう。
6月最終日曜日には名古屋に伝わる夏の疫病除けの「赤丸神事」、稚児行列が行われる。
毎年8月16日には献燈祭が行われる。
年末に飾られる大門松が有名。



■レポ
名古屋城のすぐ近くにあり人通りは多い場所にありますが、日曜の夕方に参拝したせいかとても静かでした。
一人で来られているかたが何名かおり、みなさん静かに参拝されていました。
拝殿は白いコンクリート製で近代的な作りなのであまり歴史を感じる雰囲気ではないかもしれませんが、参道は綺麗で広々としており暗い雰囲気もないので愛知県のかたには是非参拝してほしいと思います。
設備や立地などもありこちらで結婚式をあげるかたも多いそうです。
青銅製の狛犬がかなり筋肉質で強そうなのが印象的でした。



愛知県名古屋市中区三の丸1-7-3
052-201-8078
駐車場あり
出典:愛知縣護國神社公式サイト、Wikipedia「愛知縣護國神社」(履歴

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック