彼岸(ひがん)

彼岸(ひがん)
画像
「彼岸会(ひがんえ)」は、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間のこと。
また、この期間に行われる仏事のこと。

ぼた餅やおはぎ、お団子や海苔巻き、いなり寿司などを仏壇に供える。


【歴史】
彼岸会法要は日本独自のものであり、現在では彼岸の仏事は浄土思想に結びつけて説明される場合が多くみられる。
浄土思想で信じられている極楽浄土(阿弥陀如来が治める浄土の一種)は西方の遙か彼方にあると考えられている(西方浄土ともいう)。
春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりである。
もとはシルクロードを経て伝わった、生を終えた後の世界を願う考え方に基づいている。
心に極楽浄土を思い描き浄土に生まれ変われることを願ったもの(念仏)と理解されているようだ。
しかし後述のように、天皇の詔として始められた行事であったが、いつの時代も人として、生を終えた後の世界への関心の高いことは同じであり、いつの間にか生を終えていった祖先を供養する行事として定着するに至った。
彼岸会の「彼岸」は、「日願(ひがん)」から来ているとも言える。
日本に限らず古来から、太陽や祖霊信仰は原始宗教の頃からつきものなのである。
仏教語の彼岸は後から結びついたものであるという説(五来重による)もある。


【概要】
俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目、六波羅蜜を1日に1つずつ修めるためとされている。

日本で彼岸に供え物として作られる「ぼたもち」と「おはぎ」は同じもので、炊いた米を軽くついてまとめ、分厚く餡で包んだ10cm弱の菓子として作られるのが一般的である。
これらの名は、彼岸の頃に咲く牡丹(春)と萩(秋)に由来すると言われる。



彼岸に関する神社、仏閣
・彼岸祭@八幡神社 - 福井県敦賀市(3月上旬)
・鴨江観音祭り@鴨江寺 - 静岡県浜松市(春分の日を挟んで前後3日)
・彼岸祭@淡島神社 - 熊本県山江村(春分の日、秋分の日の前後1週間)
・舟引き祭り@磐梯神社 - 福島県磐梯町(春彼岸の中日)
・彼岸供養@満福寺 - 神奈川県鎌倉市(3月、9月)
・彼岸祭@矢田寺 - 奈良県大和郡山市(3月)
・彼岸法会@釋空満寺 - 大分県津久見市(3月、9月)
・春彼岸祭@岩船山高勝寺 - 栃木県岩舟町(3月)
・春彼岸、秋彼岸@増上寺 - 東京都港区(3月、9月)
・春季彼岸会@四天王寺 - 大阪市(春分の日と前後3日間)



出典:Wikipedia「彼岸」履歴

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック