七夕(たなばた)

七夕(たなばた)【七夕の節句(しちせきのせっく)】
画像
日本、中国、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。
旧暦の7月7日の夜のことであるが、日本では明治改暦以降、お盆が7月か8月に分かれるように7月7日又は月遅れの8月7日に分かれて七夕祭りが行われる。
五節句の一つにも数えられる。

7月のはじめ頃に竹に願い事を書いた短冊を作り、6日の夜に短冊を軒下に飾る。
7日は七夕飾りを海や川へ流して神様に持ち去ってもらう。
現在は環境汚染問題から川に流すことは困難である為、神社で燃やしてもらうのが一般的。


【歴史】
日本古来の豊作を祖霊に祈る祭(お盆)に、中国から伝来した女性が針仕事の上達を願う乞巧奠(きっこうでん)や佛教の盂蘭盆会(お盆)などが習合したものと考えられている。
そもそも七夕は棚幡とも書いたが、現在でもお盆行事の一部でもあり、笹は精霊(祖先の霊)が宿る依代である。
本来、宮中行事であったが、織姫が織物などの女子の手習い事などに長けていたため、江戸時代に手習い事の願掛けとして一般庶民にも広がった。


【概要】
殆どの神事は、「夜明けの晩」(7月7日午前1時頃)に行うことが常であり、祭は7月6日の夜から7月7日の早朝の間に行われる。
午前1時頃には天頂付近に主要な星が上り、天の川、牽牛星、織女星の三つが最も見頃になる時間帯でもある。

全国的には、短冊に願い事を書き葉竹に飾ることが一般的に行われている。
短冊などを笹に飾る風習は、夏越の大祓(おおはらえ・※1)に設置される茅の輪の両脇の笹竹に因んで江戸時代から始まったもので、日本以外では見られない。
「たなばたさま」の楽曲にある五色の短冊の五色は、五行説(ごぎょうせつ・※2)にあてはめた五色で、緑・紅・黄・白・黒をいう。
さらに、上記乞巧奠(きっこうでん)は技芸の上達を祈る祭であるために、短冊に書いてご利益のある願い事は芸事であるとされる。
また、お盆や施餓鬼法要(せがきほうよう・※3)で用いる佛教の五色の施餓鬼幡(せがきばた・※4)からも短冊は影響を強く受けている。

※1…6月と12月の晦日(新暦では6月30日と12月31日)に行われる、犯した罪や穢れを除き去るための祓えの行事

※2…古代中国に端を発する自然哲学の思想で、万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説

※3…餓鬼道に苦しむ餓鬼のみならず、無縁仏や三界万霊(この世に存在するあらゆる精霊)に施しの法要を修し、あわせてご先祖の供養を行う

※4…施餓鬼棚にお供えするご飯に立て目印にするもの




●七夕に関する神社
・7月6日、7日:七夕祭り@機物神社 - 大阪府交野市
・7月7日:七夕祭@地主神社 - 京都市
・7月7日:七夕祭り@藤白神社 - 和歌山県海南市
・7月7日:七夕神事@貴船神社 - 京都市
・7月最終日曜日前4日間:一宮七夕祭り - 愛知県一宮市
・8月7日:七夕祭@与賀神社 - 佐賀市
・8月7日:七夕まつり@竈門神社 - 太宰府市



出典:Wikipedia「七夕」履歴

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック