節分

節分(せつぶん)
画像
各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。
節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。
江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。

豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。
また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないというならわしがあるところもある。



【歴史】
季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる。
節分の行事は宮中での年中行事であり、延喜式(えんぎしき)では、彩色した土で作成した牛と童子の人形を大内裏の各門に飾っていた。
これは、平安時代頃から行われている「追儺(ついな・※)」から生まれた。
『続日本紀』によると706年(慶雲3年)にこの追儀(ついな)が始まり、室町時代に使用されていた「桃の枝」への信仰にかわって、炒った豆で鬼を追い払う行事となって行った。
『臥雲日件録(瑞渓周鳳)』によると、1447年(文安4年)に「鬼外福内」を唱えたと記されている。

近代、上記の宮中行事が庶民に採り入れられたころから、節分当日の夕暮れ、柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てておいたり、寺社で豆撒きをしたりするようになった。
一部の地域では、縄に柊やイワシの頭を付けた物を門に掛けたりするところもある。

豆は「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある。
寺社が邪気払いに行った豆打ちの儀式を起源とした行事であり、室町時代の書物における記載が最も古い記載であることから少なくとも日本では室町時代以降の風習であると考えられる。
初期においては豆は後ろの方にまくことが始まりだった。

※大晦日(12月30日 (旧暦))の宮中の年中行事であり、平安時代の初期頃から行われている鬼払いの儀式。


【概要】
使用する豆は、お祓いを行った炒った大豆 (炒り豆) である。
北海道・東北・北陸・南九州では 落花生をまく(大豆よりも回収し易く、殻ごと撒くため地面に落ちても食べられる、等の利点がある)。

豆を撒く際には掛け声をかける。
掛け声は通常「鬼は外、福は内」であるが、地域や神社によってバリエーションがある。
鬼を祭神または神の使いとしている神社、また方避けの寺社では「鬼は外」ではなく「鬼も内(鬼は内)」としている。
家庭内での豆まきで、「鬼」の付く姓(比較的少数だが「鬼塚」、「鬼頭」など)の家庭もしくは鬼が付く地名の地域では「鬼は内」の掛け声が多いという。炒った豆を神棚に供えてから撒く地方もある。


●節分に関する神社仏閣
* 中尊寺(岩手県平泉町)- 大相撲人気力士を迎え、厄男厄女による厄払い招福を祈る
* 龍光寺(群馬県富岡市)- 園児が厚化粧、裃を着て登場(一種の稚児行列)
* 鬼恋節分祭(群馬県藤岡市)- 「福は内、鬼は内」! 鬼呼び豆まき。合併で消滅した鬼石町の名にちなむ。
* 鬼鎮神社(埼玉県嵐山町)- 「福は内、鬼は内、悪魔は外」
* 三峯神社(埼玉県秩父市)- ごもっとも神事
* 總願寺(埼玉県加須市)- 大たいまつの赤鬼、有名力士、稚児行列
* 五條天神社(東京都台東区)- うけらの神事。中国の唐から伝来した平安時代のままの大儺の儀式が催行される
* 成田山新勝寺(千葉県成田市)- 「福は内」、有名力士、芸能人が多く登場
* 池上本門寺(東京都大田区)- 境内に鬼子母神を祀るので「福は内」、力道山の墓所があるためプロレスラーが出仕する
* 稲荷鬼王神社(東京都新宿区)- 「福は内、鬼は内」
* 箱根神社(神奈川県箱根町)- 厚化粧の少女の巫女たちが水上スキーの鬼に豆を撒く
* 最乗寺(神奈川県南足柄市)- 舞妓(京都から出張)の豆撒き
* 報恩寺(千葉県長南町)- 「福は内、鬼も内、鬼の目玉ぶっ飛ばせ!!」
* 成田山福井別院(福井県坂井市)- 舞妓の豆撒き
* 鬼岩福鬼まつり(岐阜県御嵩町)- 「鬼は内」
* 大須観音(名古屋市中区)- 鬼の面を寺宝としているため「福は内」のみ
* 八坂神社(京都市東山区)- 舞妓の豆撒き
* 廬山寺(京都市上京区)- 三色の鬼が舞い踊る
* 大原神社(京都府福知山市三和町)- 「鬼は内、福は外」
* 日吉大社(滋賀県大津市)- 破魔矢を射る「放射の儀」
* 金峯山寺(奈良県吉野町)- 「福は内、鬼も内」
* 長田神社(神戸市長田区)- 七匹の鬼が、松明で種々の災を焼き尽くし太刀で不吉を切り捨て、踊る
* 吉備津神社(岡山県岡山市)- 豆まきのあと焚き火を囲んでほら吹き大会-ほら吹き神事
* 防府天満宮(山口県防府市)- 神くじにより御神幸祭の神牛役を定めるという牛替神事
* 須佐神社(島根県出雲市)- 蘇民将来の説話にちなんで茅の輪くぐりや神楽の奉納がある



出典:Wikipedia

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック